人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

過去には、政治犯収容所の出身者が、自身の証言の一部が「事実でない」と認めたケースもあった。

(参考記事:強制収容所出身の申東赫氏が自伝の一部誤りを認める

だが、COIが裏付けの足りないまま報告書をまとめるに至ったのは、北朝鮮が調査への協力を全面的に拒否したからに他ならない。かくも重要な問題について協力を拒否すれば、巨大な不利益を被るであろうことは誰にでもわかる。それを甘受してでも隠したい秘密を、金正恩体制は持っているということだ。北朝鮮当局は最近においても、脱北した収容所出身者の追跡に血道を上げていると伝えられている。

(参考記事:北朝鮮、脱北した収容所脱走者の追跡に必死

自分の逮捕理由も知らず

いずれにしても、拷問や強姦、公開処刑が日常的に行われる政治犯収容所は、北朝鮮国民にとって恐怖の象徴だ。

    関連記事