• 2011年11月、咸鏡北道恩徳郡で、麻薬の製造販売により1名が公開処刑された。
  • 2011年6月、咸鏡南道金野郡で、殺人により女性が公開処刑された。
  • 2010年、これも咸鏡南道の咸興で、韓国制作の映画とメロドラマを販売したとして女性が公開処刑された。
  • 2009年10月、咸鏡南道会寧で、韓国当局と接触したとして男性が公開処刑された。

(b)抑留場所での処刑

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

➢ 834
調査委員会が知ったところでは、北朝鮮では抑留場所で多数の処刑が実施されている。

裁判所の宣告による処刑も中にはある。それ以外の場合は、裁判や司法命令によらずに即決処刑が実行されているが、これは規律および施設規則の保持が目的である。収容施設の全員が処刑に立ち会わされるのが通常である。これは、恐怖を覚えさせ収容者の服従を促進することが狙いと見られる。

  • 政治犯収容所の元看守アン・ミョンチョル氏は、脱走しようとした者、収容所の財産を破壊した者、物事がうまくゆかなくなったときには、収容所当局が処刑したと証言した。「我々は殺害や処刑を行った。1人の収容者を残りの者への見せしめにした」。処刑の決定は、SSDが収容所内に設置している捜査局が行い、裁判所法は顧慮されなかった。収容所の全員が見なければならなかった。年によっては20人が公開処刑された。

目次に戻る

    関連記事