北朝鮮外務省は22日、北朝鮮で拘束された韓国系カナダ人牧師のヒョンス・リム氏に無期労働教化刑を言い渡した判決をカナダ政府が批判していることについて「驚がくを禁じ得ない」として非難した。スポークスマンが朝鮮中央通信の質問が答えた。

スポークスマンは、「われわれの法によって林賢洙に対する調査過程には領事接触を許さなかったが、調査が終わった後、特例的にカナダ代表団を招いて裁判にオブザーバーとして参加させ、彼との領事接触も実現させてやった」と指摘。

また、カナダはリム氏の行為について謝罪し、再発防止を図って当然だと主張。「彼を庇(ひ)護して盗人猛々しくわれわれに腕をまくってけなすことに対してわれわれは絶対に黙過できない」としながら、「カナダ側の不当で無礼な行為は、事態をより複雑にするだけである」と警告した。

北朝鮮の最高裁は16日、リム氏が北朝鮮の体制転覆を図ったとして無期労働教化刑を言い渡した。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌12月22日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは、カナダがわが司法機関の正々堂々たる判決をけなしていることで22日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

去る16日、わが最高裁判所が米国と南朝鮮当局の反共和国敵視政策に追従して特大型国家転覆陰謀行為を働いたカナダ公民の林賢洙に無期労働教化刑を言い渡したことに関連して、カナダ首相をはじめとする公式人物らがわが共和国を謗る悪態をむやみについている。

われわれは、自国民が働いた悪らつな犯罪行為によってわれわれに罪を犯した境遇にあるカナダ政府が逆に、われわれの正々堂々たる司法措置を巡って「懸念」だの、「国際法違反」だの、何のと言って、あえてけなしていることについて驚愕(がく)を禁じ得ない。

「領事関係に関するウィーン協約」には、領事接触権利は駐在国の法と規定に準じて実現されなければならないということが明示されている。

われわれは、われわれの法によって林賢洙に対する調査過程には領事接触を許さなかったが、調査が終わった後、特例的にカナダ代表団を招いて裁判にオブザーバーとして参加させ、彼との領事接触も実現させてやった。

したがって、カナダ政府はこれに対して言い掛かりをつける何の法律的名分もない。

林賢洙が認めた反共和国特大型犯罪行為に対して当然謝罪し、再発防止措置を取るべきカナダ政府がむしろ、彼を庇(ひ)護して盗人猛々しくわれわれに腕をまくってけなすことに対してわれわれは絶対に黙過できない。

カナダ側の不当で無礼な行為は、事態をより複雑にするだけである。

今、わが人民は林賢洙の罪に対して憤激を禁じえず、彼により重い刑罰を科することを求めている。

われわれの法は、われわれの思想と制度を敵視し、崩してみようとする者に対してはそれが誰であれ、容赦なく厳罰に処するということを知るべきである。---

    関連記事