• 1993年に、ある家族は中国へ逃亡し、咸鏡北道の穏城郡の故郷に強制送還された。5歳の男の子を含め、家族全員が手錠をつけて町中を歩かされた。それから父と母は鼻に突き通された輪でもって牛のように引きずりまわされた。町中が、調査委員会に話した証人もふくめ、(彼は当時13歳であったが)その残酷な見世物を強制的に見させられた。見物人はその犠牲者たちをののしり、石を投げた。その証人は家族がどうなったか知らない。
  • 1996年に別の証人が茂山郡で、当局が男の鼻に通したフックを使って車で男を引きずるさまを見た。彼らは拡声器で、反逆者を捕まえた、そして彼を取り戻すために、村の予算の4倍もの金を中国人に払わなければならなかったと宣伝した。小さい子供たちが車を追いかけて、男に向かって石を投げた。この恐ろしい経験が引き金となって証人は北朝鮮から逃亡した。

➢ 407
1990年代の大飢饉の間、ますます人々は北朝鮮から逃亡した。北朝鮮当局は送還された人々の罰をシステム化したようだった。その過程は通常の様式に従い、異なる保安機関が緊密に行動を調整しあった。送還された人たちと元役人との面談に基づき、調査委員会は下記に述べられた行動が一般的に中国から送還された北朝鮮の国民の取り扱いを反映していると認識している。

目次に戻る

    関連記事