(c)国境監督手段

➢ 397
2009年以来、北朝鮮と中国により主導された、国境を封鎖する明白な強化策があった。中国は特に北朝鮮が元である薬の密売だけでなく、文書で証明されていない移民の流入を懸念した。横断が最も頻繁に行われた国境の延長沿いに北朝鮮と中国の両国によって柵や障壁などが設置された。国境への最近の訪問者からの証拠を得ることに加え、そのような施設を示す関連の写真を調査委員会は調べた。

➢ 398
国家安全保衛部、人民保安省、朝鮮人民軍はすべて国境地域に配置され、朝鮮民主主義人民共和国からの脱出を避けるため、密に連携し活動した。金正恩が権力を引き継いでから、国家安全保衛部も朝鮮人民軍の国境安全司令部から引き継いで、国境監督での主導権を割り当てられた。この動きは、軍の腐敗への不満によって行われたといわれている。中国で北朝鮮の国民と一緒に働いたある証人によると、2010年以降、当局はしばしば守衛を交替し、守衛が賄賂を受け取って、国境を越えるのを手助けしづらくしてきた。

➢ 399
統一研究院は2009年から、国家安全保衛部は行方不明か逃亡した者を持つ家族への監視をより強めたことを含め、「逃亡者」に対する新しい手段を実行した、と見ている。法の執行労働者さえ、「逃亡」した親戚がいれば調べられた。そして、もしそうならば、彼らはその職の地位からはずされるだろう。2010年に、伝えられたことによれば、国勢調査が行われ、広い地域にわたって、「逃亡者家族」の調査が行われた。この計画は失効したようだが、「逃亡家族」が送られる遠い地域に「追放村」が定められたと見られる。

➢ 400
2011年12月、金正日の死に続いて、北朝鮮は喪に服する期間、市民の移動に関する制限を強化した。ベッドチェックがより強化して行われ、国境沿いのすべての家族が順番に見張りを要求された。報告されたことによると、鉄条網に加え、地雷が国境に設置された。豆満江の土手には4インチの釘のついたパネルだけでなく、主な逃亡ルートにカメラが設置された。

➢ 401
2013年11月、朝鮮民主主義人民共和国当局は、近隣監視の報告手法を含め、「逃亡者」疑いのある家族の監視を強化していると報告された。さらに、「逃亡した者がいる家族、あるいは居場所が確認されていない者がいる家族は地区の人民保安事務所に登録しなければならない…行方不明者や逃亡者の数が増えたため、当局は監視や統制を強化して、誰も逃亡させないようにしようとしているようだ。」

目次に戻る

    関連記事