今年の7月に韓国の大邱で行われた性的少数者のパレード「大邱クィアパレード」には、約1000人が参加し、思い思いの格好で市内中心部を練り歩いた。

「同性愛で国が滅びる!」などと叫びながら道に横たわりパレードを阻止しようとする女性。この後、女性警官によりあっという間に排除された。(画像:筆者提供)
「同性愛で国が滅びる!」などと叫びながら道に横たわりパレードを阻止しようとする女性。この後、女性警官によりあっという間に排除された。(画像:朴順梨)

それに対して、キリスト教の保守プロテスタントの信者たちは「同性愛で家庭が破壊される」「同性婚を認めるとエイズが蔓延する」などと言ったヘイトスピーチをパレード参加者に投げつけて、激しい抗議活動を行った。