北朝鮮の牡丹峰(モランボン)楽団が12日に予定されていた北京公演を突如中止したことは、海外駐在の北朝鮮関係者を激しく落胆させたようだ。そのリアクションを米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

中国東北地方に滞在中の北朝鮮貿易業者は次のように語った。

「モランボン楽団の公演がキャンセルになったという話を聞き、我が国の政府関係者ですら『常識に反する』と批判している。金正恩第1書記が国際的に孤立していることを見せつけられた」

「最大の友好国である中国に外交上の欠礼をしたことは、金正恩氏がいかに気まぐれかを国際社会に見せ付けたようだものだ」

この貿易業者は、北朝鮮住民から聞いた話だとして、公演準備の様子を次のように語った。