北朝鮮のガールズグループ「モランボン(牡丹峰)楽団」が、12日から予定していた中国・北京での初の海外公演を直前でキャンセルしたことをめぐり、韓国の情報機関「国家情報院(国情院)」は「金正恩第1書記の偶像化が問題になった」と分析した。

国情院が国会情報委員会に報告した内容によると「中国側が、金正恩第1書記を偶像化する公演内容の修正を要求したが、北朝鮮が拒否、反発してキャンセルとなった」という。

また、別の政府関係筋は、「核や長距離弾道ミサイルを賞賛する公演内容に、中国が修正を要求し、北朝鮮が反発した」と指摘した。

公演中止に中国も反発か

モランボン楽団が12日の公演直前までリハーサルを行っていたことから、公演内容をめぐって中朝間でトラブルが生じた見方が強い。

中国の国営メディア「新華社通信」は、公演中止について「業務面における意思疎通が原因」と控えめに報じた。

一方、公演を担当した中国共産党の中央対外連絡部側は、宋濤部長とモランボン楽団を引率して訪中した朝鮮労働党宣伝扇動部の崔輝(チェ・フィ)第1副部長が10日に会談した際の写真をウェブサイトから削除。中国側が不満を表したと見られる。

    関連記事