黄海を北上していた北朝鮮船舶のカンナム1号が、6日夜10時頃に北朝鮮の西海岸にある南浦港に入港したことが分かった。

これで、国連決議の禁止品目に指定された貨物を積み、北朝鮮から第三国に向かっている疑いがかけられていたカンナム1号に対する米海軍などの追跡作業は終了することになる。

韓国政府のある消息筋は「カンナム1号が夜10時頃に、西海の南浦港に入港したと思われる」と明らかにした。

AK-47小銃やロケット発射機

不法な武器を積んでいると推測されていたカンナム1号は、先月中旬に南浦港を出航して、ミャンマーと推定される目的地に向けて半月近く航海していたが、突然航路を変更して北朝鮮に向かった。

    関連記事