北朝鮮において、最高指導者が水も漏らさぬ警護体制に守られているのは周知の通りだ。おかげで金正恩氏が、つい同情したくなるような「トイレ問題」を抱えてしまうほどなのに、どうして大量の爆発物が金親子の身近に置かれていたのか。

そんなことが一度ならず二度までも起きるとは、金正恩体制に近い将来、何らかの異変があり得ることを示唆しているようでならない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事