北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は1日、中国の南京大虐殺の資料が世界記憶遺産に登録されたことに安倍政権が反発していることについて、「過去清算を求める国際的民心に対する挑戦だ」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、日本政府がユネスコ(国連教育科学文化機関)への分担金支払い停止を示唆したことなどに対し、「自分らの道徳的水準がどんなに嘆かわしい境地に至ったのかを世界に自らさらけ出した」「笑止千万」「恥ずべき醜態」などと非難。

日本が国際社会で発言力を高めたいと思うなら、「過去清算が急務だということを悟り、今にでも正しい政策的決断を下さなければならない」と主張している。

論評を伝えた朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌12月1日発朝鮮中央通信】過去の日帝が働いた「南京大虐殺資料」がユネスコ(国連教育科学文化機関)世界記録遺産に登録されると、日本は「ユネスコが制度改革を実施しなければならない」「ユネスコ審査委員会に日本学者らを派遣しなければならない」などと唱えている。

1日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは日本の過去清算を求める国際的民心に対する正面切っての挑戦であると糾弾した。

論評は、日帝によって生じた南京での大虐殺の惨酷な変事は人類史に空前絶後のこととして、こんにちも中国人民とアジア人民の記憶の中に生々しく生きているとし、次のように指摘した。

日本に良心が少しでも残っているなら、自分らの人間大虐殺蛮行資料が世界記録遺産に登録されたことにあえて抗弁する思いもよらなかったであろう。

だが、日本はこれに相反するように振る舞うことによって自分らの道徳的水準がどんなに嘆かわしい境地に至ったのかを世界に自らさらけ出した。

特に笑止千万なのは、日本が「南京大虐殺資料」が世界記録遺産に登録された問題に関連してユネスコに対する分担金寄贈問題を考慮すると言っている事実である。

言わば、自分らの心に合わないので金を出さないことで報復すると言うのである。

それこそ、道徳的低能児の恥ずべき醜態だと言わざるを得ない。

日本が「国際的指導力」をうんぬんしながら世界舞台で発言権と影響力を高めてみようとあがいているが、過去清算問題に縛られて政治いびつの境遇から脱せずにいる。

日本は、過去清算が急務だということを悟り、今にでも正しい政策的決断を下さなければならない。―――

    関連記事