【関連記事】北朝鮮、経済特区の開発計画を公表…1兆9千億円の投資募る

【観光地開発対象】※[ ]内は編集部で適宜加えた

1.枇杷島生態観光区

海岸観光、会議および展示場、休憩、娯楽、海水浴などのできる特色ある観光地区の建設を進める。

枇杷島では、幻想的な海中の世界を見せる観光地を計画している。

面積は2平方キロ、投資規模は8億900万米ドル

2.梓津休暇および別荘村

l平方キロの面積に海水浴、ゴルフ、川猟[釣り]、各種遊戯娯楽と高麗治療施設などを計画している。

投資規模:4億450万米ドル

3.海上錦観光地区

朝鮮と世界の優れた寓話、SF作品を屋外エキシビション化を計画している。計画面積は0.8平方キロである。

投資規模:3億2360万米ドル

4.親海国際会議区

各種国際会議の主催とサービスの提供、海水浴観光と世界初の鉄甲船=コブクソン[亀甲船]の海上戦闘シーンなどを芸術[ショー]化するような観光商品の開発を計画している。

敷地面積:6.2平方キロ

投資規模:25億790万米ドル