北朝鮮の平壌で11~13日、ナノテクノロジーに関する研究成果の発表会・展示会が開かれた。朝鮮中央通信が報じた。

国内トップクラスの大学や、政府機関が参加。多数の論文が発表され、「超臨界炭酸ガス流体ナノ粒子製造器」、「ナノ銀歯磨き」などの製品が展示されたという。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌11月13日発朝鮮中央通信】第12回全国ナノテク部門科学技術発表会および展示会が11日から13日まで平壌で行われた。

これには、金日成総合大学、金策工業総合大学、金亨稷師範大学、国家ナノテク局、国家科学院、農業科学院、教育委員会、機械工業省をはじめ各単位の幹部と科学者、技術者、博士院生らが参加した。

ナノ理論、測定、電気分科、ナノ材料、工具、機械分科、ナノ医学、農業、環境分科に分けて行われた発表会では70余件の論文が発表された。