人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

実は、彼女らの多くは良家のお嬢様なのだ。接待員を養成する専門学校も「狭き門」だという。つまりは「才色兼備」のエリートであり、国に帰って結婚相手を探す際にも、北朝鮮レストランでの勤務歴は有利に働くという。

それでも、中には自由を求めて韓国などへの「脱出」を決行する女性らもいると聞く。長く海外で暮らすうちに、彼女らの意識にも様々な変化が起きているようだが、中には客として訪れた外国人と恋に落ち、「愛の逃避行」に走るケースもあるのだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事