北朝鮮と中国を結ぶ流通の大動脈「鴨緑江大橋」。老朽化が進んでいたところに起きたトラックの横転事故で橋が破損したため、現在通行止めにした上で補修工事が行われている。中朝貿易の7割を担うこの橋の通行止めにより、北朝鮮の物価が上昇傾向にあると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

鴨緑江大橋の事故現場(画像:騰迅大遼網)
鴨緑江大橋の事故現場(画像:騰迅大遼網)

RFAの対北朝鮮情報筋は新義州(シニジュ)の商人から次のような話しを聞いたという。