北朝鮮産マツタケの不正輸入事件で、外為法違反(無承認輸入)と関税法違反(虚偽申告)の罪に問われた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長の次男ら2人の被告の論告求刑公判が27日、京都地裁で開かれた。検察側の求刑は、両被告に対し懲役2年。判決は12月10日に言い渡されるという。

朝鮮総連は今年、追い出されそうになった本部ビルの実質的な買い戻しに成功(1~3月)したり、マツタケ事件で摘発(3月・5月)されたり、結成60周年を迎えたり(5月)、韓国のスパイ事件がらみで朝鮮大学校教員宅が捜索を受けたり(6月)、北海道本部が詐欺容疑で捜索(9月)されたり、まさに激動の1年だった。

マツタケ事件での判決言い渡しは、その最後を締めくくるものになるだろう。

一連の経緯を眺めつつ思うのは、朝鮮総連も日本社会でのパワーをすっかり失ってしまったということだ。