北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が28日、訪朝したソムケウ・シラウォン治安維持相ら、ラオス治安維持省代表団と会見した。同代表団は前日、朝鮮人民保安部代表らと会談している。

28日、訪朝したラオスのソムケウ・シラウォン治安維持相と会見する金永南氏
28日、訪朝したラオスのソムケウ・シラウォン治安維持相と会見する金永南氏

ラオスと北朝鮮は親密な関係を維持しており、金正恩氏は同国のチュンマリ・サイニャソーン国家主席に毎年、誕生日のメッセージを送っている。

世界の国家元首の中で、正恩氏が個人的に誕生日のメッセージを送り、その事実を公開しているのは同国家主席のほか、シリアのバッシャール・アサド大統領、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長の2人だけ。

朝鮮中央通信による一連の報道は次のとおり。

【平壌10月28日発朝鮮中央通信】共和国最高人民会議常任委員会の金永南委員長は28日、平壌の万寿台議事堂で表敬訪問したソムケウ・シラウォン治安維持相を団長とするラオス治安維持省代表団に会って談話を交わした。

団長は席上、滞在期間に各所を参観して朝鮮の軍隊と人民が身につけた勇敢さと強大さについてよく知ることになったと語った。また、朝鮮労働党の賢明な指導の下で朝鮮人民は革命の獲得物を頼もしく守っていると強調し、両国間の友好・協力関係がより強化発展するとの確信を表明した。---

【平壌10月27日発朝鮮中央通信】朝鮮人民保安部代表団とラオス治安維持省代表団との会談が27日、平壌の万寿台議事堂で行われた。

会談には、朝鮮側から崔富一人民保安部長をはじめとする人民保安部の幹部が、ラオス側からソムケウ・シラウォン治安維持相を団長とするラオス治安維持省代表団員とポンカム・インタブアリ駐朝ラオス大使が参加した。

会談で双方は、両国保安機関間の友好関係を発展させることと、互いに関心を寄せる問題について意見を交換した。―――

    関連記事