北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、韓国軍が黄海上の南北軍事境界線である北方限界線(NLL)を侵犯した北朝鮮の警備艇に警告射撃を行ったことに対して非難する記事を掲載した。

記事では、対南機関である祖国平和統一委員会のスポークスマンが、朝鮮中央通信の記者の質問に答えて「南朝鮮(韓国)の軍部好戦狂が朝鮮西海上でわれわれに対する重大な軍事的挑発を強行した」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

祖平統代弁人、北南関係が破局に瀕する場合、その全責任は南朝鮮当局が負うことになる

【平壌10月25日発朝鮮中央通信】祖国平和統一委員会(祖平統)のスポークスマンは、南朝鮮の軍部好戦狂が朝鮮西海上でわれわれに対する重大な軍事的挑発を強行したことで25日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。