韓国を公式訪問中のボツワナのカーマ大統領が、昨年同国が北朝鮮との国交断絶を発表したことについて人権問題が主要な理由であるとし、「関係を維持する価値がないと考えた」と語った。23日、聯合ニュースのインタビューに答えた。

ボツワナは昨年2月、北朝鮮の人権に関する国連調査委員会(COI)が、北朝鮮の体制による反人道的行為を告発する報告書を発表した後、北朝鮮との断交を宣言した。

カーマ氏はインタビューで、従来から懸念していた北朝鮮の人権状況が、さらに後退していることに「非常に驚いた」と説明。「われわれが堅持する民主主義の原則に照らし、関係を維持する価値がないと考えた」と語っている。

北朝鮮指導者は「石器時代を生きている」

同時に、北朝鮮が韓国など周辺国を絶えず威嚇していることも、断交の理由に含まれるとしている。