韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は20日、与野党議員に対し北朝鮮情勢などについて報告した。

それによると、今年に入り北朝鮮の海外駐在官20人が韓国へ亡命したという。その中には、金正恩氏の統治資金を管理する高級幹部も含まれているとされる。

この情報についてはデイリーNKジャパンも独自に把握していたが、件の高級幹部が韓国にどのような情報をもたらしたかについては、国情院のガードが固くなかなか知ることができない。

軍事機密が韓国に筒抜け

それにも増して気になるのが、朝鮮人民軍「大物将軍」の亡命説の真偽だ。

韓国紙、東亜日報系のテレビ局・チャンネルAは7月3日、北朝鮮のパク・スンウォン朝鮮人民軍上将が4月末~5月初めごろ、ロシア・モスクワにある第三国の大使館に駆け込み韓国に亡命を申請したと報じた。

これは、玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)前人民武力部長の粛清時期と重なる。同僚が、大口径の高射銃で文字通り「ミンチ」にされ殺されたと知れば、いかなる大物と言えど亡命に走ってもおかしくは無い。

パク氏は、朝鮮人民軍総参謀部の副参謀長などを歴任した人物で、事実なら北朝鮮の軍事機密が韓国に筒抜けになっていることを意味する。

これに対し北朝鮮メディアは、亡命説は「対決に狂った者どもの虚しく馬鹿げた夢」であるとして、猛然と反論している。

7月26日には北朝鮮のテレビが、パク氏の登場する記録映画を放映。国内で健在であるかのようにアピールした。しかし、パク氏の登場場面は2013年に撮影されたものであり、亡命説を否定する証拠にはならない。

筆者も個人的にパク氏亡命説には確信を持ちきれないのだが、北朝鮮が本人の現在の姿を見せようとしないのはやはり怪しい。

敢えて亡命が事実であると信じるならば、次のような仮説が成り立つ。

パク氏はモスクワで第3国の大使館に駆け込んだが、北朝鮮と親密さを増しているロシアが韓国への出国を許さない。北朝鮮はロシアを信頼し、「本人は国内にいる」と強弁。一方、どうにかしてパク氏を連れ出したい韓国政府は、ロシアを刺激すまいと極秘を貫いている――。

本当にこうなら、スパイ小説を地で行く展開と言える。

いずれにせよ、金正日時代をはるかに上回るペースで幹部が虐殺されている現在の北朝鮮からは、どのような大物が逃げ出しても不思議ではない。

そして、その事実は衛星画像で外部世界においても確認されている。

それだけにこちらとしても、どのような「亡命説」に対してもいったんは信ぴょう性を感じていしまうのである。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事