北朝鮮は20日、若手の物理学者がイタリア・トリエステに本部を置く国際研究機関に会員登録されたことを朝鮮中央通信を通じて発表した。北朝鮮が、科学者個人の成果を本人の名前を挙げて発表することは珍しい。

研究機関は「世界科学院」(TWAS)と「国際理論物理学センター」(ICTP)の2つ。いずれもパキスタン人のノーベル物理学賞受賞者、アブドゥス・サラーム氏により設立された。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

 【平壌10月20日発朝鮮中央通信】朝鮮の青年科学者キム・グァンヒョン氏が、世界的に権威ある世界科学院の青年会員、国際理論物理センターの会員に登録された。

30代のキム氏は、国家科学院レーザー研究所の研究者、博士である。

同氏は、慈江道満浦市の平凡な教師の家庭で生まれ、秀才教育システムを通じて理科大学を優れた成績で卒業した。

欧州の研究機関で諸国の著名な学者と共同研究を行って実力を誇示した。

今まで、世界物理学界で理論的に解明できずにいたレーザーと金属ナノ材料との相互作用に関する研究を深めて超高速分光技術と高速光通信技術、高感度センサー技術などに応用できる10余件の価値ある研究論文を執筆し、国際学術討論会で発表して世界科学界の認定を受けた。

同氏の諸論文は、権威ある国際学術雑誌と単行本に掲載された。―――

    関連記事