北朝鮮当局は、10月10日の朝鮮労働党創建70周年を前にした今月7日に全国民を対象とした政治講演会を行ったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

RFAの平安北道(ピョンアンブクト)内部情報筋によると、「偉大なる将軍様の周りに団結し祖国統一の聖戦を迎えよう!」というタイトルの講演会が開かれ、「我が国はまだ休戦状態だ。戦争はいつでも再発の可能性があり、祖国統一の聖戦は目前に迫っている。金正恩氏の周りに団結しよう」と強調された。

しかし、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋によると、この講演会を聞いた住民たちは面食らった様子で、困惑している人もいるという。