「欧州最後の独裁者」と呼ばれるベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領。今年の大統領選挙でも圧倒的な得票率(83・49%)で連続5選を果たし、1994年から旧ソ連並みの強権政治を続けている。

同氏は、米国政府や世界のNGOから「最悪の独裁者」として名指しされる常連で、そこにはもちろん、北朝鮮の故・金正日総書記も含まれていた。

実際、ベラルーシは北朝鮮と仲が良い。

昨年11月の国連総会本会議での北朝鮮人権決議案の採決時にも、中国・ロシアなどとともに反対票を投じたほどだ。

そして最近では、北朝鮮の「高麗航空」が、来年5月からベラルーシとの間でチャーター便を運航することになった。

目的は観光ツアーで、ベラルーシの首都ミンスクで航空機工場などを見学、アントノフ12、アントノフ26などロシア製のビンテージ航空機に試乗する、航空ファン向けの内容だ。

しかしそれより、「最悪の独裁国家めぐり」というのも、ちょっとお目にかかれない旅行企画と言えよう。

そしてもうひとつ、気になる点がある。

ベラルーシは隣国ロシアと、政治的にも軍事的にも非常に結びつきが強い。ロシアと北朝鮮が近年関係を深めているのは、これまでにも指摘してきた通りだ。

しかし国連安保理の常任理事国であるロシアは、制裁下にある北朝鮮と、武器のやり取りなどをするのは難しい。

もしかしたらそこで、ベラルーシが何らかの役割を果たす事があるのではないか。チャーター便の貨物室に積まれるのが、ツアー客のスーツケースだけということもないだろうから。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事