北朝鮮で、またもや韓流をはじめとする不法映像物の取り締まりが強化されていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

「最近、109常務捜索チームが、連日のように家に押しかけてきて、布団から押し入れ、台所、庭の犬小屋まで探し回る」

こう語るのは、RFAの平安北道(ピョンアンブクト)情報筋。「109常務」とは携帯電話や韓流などを取り締まる人民保安部(警察)所属の検閲部隊だ。

同じような任務を遂行する部隊に「1118常務」があるが、2015年には、国家安全保衛部傘下の「1080常務」が新設されている。名称は、金正恩第1書記の誕生日「1月8日」に由来するという説もあるが、定かではない。