バングラデシュ北部で日本人男性が何者かに銃撃を受け殺害された事件で、武装勢力「イスラム国」(IS)の関連組織を名乗るグループが3日、インターネット上で犯行声明を出した。信ぴょう性に不確かな部分は残るが、中東地域以外にあるイスラム国の関連組織が、いよいよ日本人を狙い始めた可能性が出てきた。

イスラム国は9月10日までに、英字のインターネット機関誌「ダビク」の最新号で、米国主導のIS掃討作戦に加わる「連合国」の一員として日本を名指しし、イラクやシリアでの戦闘に参加できない支持者に「日本の外交使節をボスニアやマレーシア、インドネシアで狙え」などと呼び掛けていた。

北朝鮮までが標的に

多くの日本人は、例えば捕虜を生きたまま閉じ込めた鉄製の檻をクレーンでプールに沈め、彼らが水中で溺死する様子を撮影したイスラム国の残虐動画を見ながらも、

それが自分の身に起こり得るなどとは想像もしていないだろう。