韓国陸軍が、北朝鮮の核兵器や長距離弾道ミサイルなどを破壊するための特殊部隊の編成を進めているという。

韓国陸軍特殊戦司令部は23日、国会国防委員会陸軍国政監査業務報告資料を通じて、「敵(北朝鮮)の戦略的核心標的を打撃するための特殊部隊の編成を推進している」と明らかにした。

【関連記事】徹底検証…韓国軍の特殊部隊は北朝鮮の核施設エリアに侵入できる

「戦略的核心標的」が、具体的に何を差すのかに対する説明はなかったが、軍関係者は「核兵器や長距離ミサイル施設のような軍事施設を意味する」と述べた。

監査のなかで、野党議員の「標的のある地域に侵入する単独作戦が可能か?」との質問に対し、チャン・ギョンソク特殊戦司令官は「可能だ」としながら、「特殊部隊6個旅団のうちの、1個旅団を(同標的を攻撃する)独立作戦を遂行する部隊に編成する作業を進めている」と答えた。

また、業務報告資料では、北朝鮮に侵入するための航空戦力確保に向け「特殊作戦航空部隊」の編成も推進中であることが分かった。陸軍航空作戦司令部の支援がなくても、独自に作戦を遂行できるよう、航空戦力を備えた特殊部隊を配下に置くことを目指すことになる。

前日の同業務報告資料では、韓国空軍が、来年にも戦闘攻撃機KF-16に遠距離から北朝鮮領内を攻撃できる能力を付与すると明らかにしていた。

韓国軍が立て続けに、北朝鮮への直接攻撃を言及する背景には、長距離弾道ミサイルの発射や核実験を強行する姿勢をアピールしている北朝鮮への圧力の意図があると見られる。

    関連記事