北朝鮮の対米外交の「司令塔」と言われてきた姜錫柱(カン・ソクジュ)朝鮮労働党書記がガン治療のため体外活動ができない状態になっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

姜錫柱氏の体調不良については、7月に訪朝して会談した欧州議会のウォルフガング・ノバク議員が、「非常にやつれて20キロも体重が減った姿を見て衝撃を受けた」と語っていたことから、かねてより注目されていた。

RFAの対北朝鮮情報筋によると、姜錫柱氏は6月19日の金正日氏の党事業開始51周年中央報告大会にやつれた姿で現れたが、その後の7月に平壌で開かれた第43回大使会議には参加していなかったという。