北朝鮮の金正恩第1書記は8日、シリアのアサド大統領の50歳の誕生日(9月11日)に際し、祝電を送った。

朝鮮中央通信が同日付で祝電の全文を報じ、朝鮮労働党機関紙の労働新聞は9日付の1面に同じ記事を掲載した。

正恩氏は祝電で、アサド氏の「正しい指導」を激賞している。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌9月8日発朝鮮中央通信】朝鮮国防委員会の金正恩第1委員長が、生誕50周年を迎えるシリアのバッシャール・アサド大統領に8日、祝電を送った。

祝電は、次のとおり。

わたしは、生誕50周年を迎える貴方に熱烈な祝賀を送る。

貴方の正しい指導の下、シリアの政府と人民はあらゆる試練と難関に果敢に打ち勝ち、国の安全と領土保全を守るための闘争において大きな成果を収めている。

わたしは、シリア人民が敵対勢力の絶え間ない侵略策動とテロに立ち向かって国の自主権と民族の尊厳を守るための正義の戦いにおいて必ず最後の勝利を収めると確信する。

わが共和国政府と人民は、反帝・自主を目指す共同闘争の一路でシリア・アラブ共和国政府と人民といつも共にいるだろうし、貴方たちの正義の闘争に変わらない支持と連帯を送るだろう。

わたしは、偉大な先代領袖たちが築いた朝鮮とシリア間の同志的友誼と戦闘的連帯の関係がわれわれの共同の努力によってさらに強化されると信じつつ、、貴方が健康な体で責任ある活動でさらなる成果を収めることを心から願う。---

【関連記事】「シリアに行って」 アンジェリーナ・ジョリーさんが国連安保理で訴え

    関連記事