国連のマルズキ・ダルスマン北朝鮮人権特別報告者が、南北関係の変化や北朝鮮住民の人権侵害に関する情報を収集するために6日から、韓国を訪問している。

今回の訪韓では、南北関係の変化が北朝鮮住民の人権状況に与える影響についてもモニタリングし、韓国政府当局者、北朝鮮人権関連のNGO関係者と会合を開き、9日にはソウル市内の延世大学で記者会見を行う。

ダルスマン氏の訪韓は、2013年以来2年ぶりで5回目となる。2010年に国連の北朝鮮人権特別報告者に就任したダリスマン氏は北朝鮮訪問を要請しているが、北朝鮮当局は拒否し続けている。