中国の北京で3日、「抗日戦争勝利70年記念式典」が開催されたが、北朝鮮は、代表団が式典に出発したことを伝えるのみだった。

式典には、北朝鮮から崔龍海(チェ・リョンヘ)氏が派遣されたが、特使という肩書きではなくあくまでも代表団団長という立場だ。朝鮮中央通信は2日、崔氏を団長とする一行が、平壌を出発したことを短く伝えたが、式典当日の3日付労働新聞では、一切報じられていない。

また、韓国メディアによると、崔氏は、高麗航空で瀋陽まで移動し、中国南方航空に乗り換えて北京を訪問したことが明らかになった。2013年に特使として訪中した際、特別機で移動したことと比べると崔氏自身の地位の低下や式典に対する北朝鮮の冷淡な姿勢の表れとみられる。

式典に関する朝鮮中央通信の報道は次のとおり。