北朝鮮が29日、韓国側が提案した離散家族再会の開催にむけた南北赤十字実務協議を9月7日に行うことで同意した。同日午後1時、板門店連絡事務所を通じて電話通知文で韓国側に伝えた。

韓国統一省は、「(赤十字実務協議)で提起される諸問題は、今後は板門店南北連絡事務所を通じて継続協議していくだろう」と見通した。

韓国赤十字社は28日、キム・ソンジュ総裁人名義で「南北高官会議で合意した離散家族問題を協議するため、南北赤十字実務接触を来月7日、板門店で開こう」という通知文を、北朝鮮赤十字会中央委員会のカン・スリン委員長宛てに伝えていた。

来月7日の実務者協議で再会予定が合意されれば、10月中旬には離散家族再会行事が、行われると見られる。

【関連記事】
朴槿恵大統領の支持率が49%に回復
韓国軍、金正恩氏「斬首作戦」を推進