北朝鮮が仕掛けた地雷爆発に端を発した軍事的緊張の緩和を目指し、板門店で韓国・北朝鮮の高官会談が続く中、北朝鮮が配備する潜水艦戦力の70パーセントが基地港から出港し、行方をくらましている。

韓国の聯合ニュースが23日午後、韓国軍関係者からの情報として報じた。

通常時の10倍の多さ

北朝鮮は約70隻の潜水艦と潜水艇を配備しているが、そのうち50隻以上が21日以降に次々に出港。韓国軍の探知システムの捕捉範囲から逃れ、行方をくらましている。

70パーセントもの潜水艦がこうした行動に出るのは、通常時の10倍もの多さで、朝鮮戦争以降で初めての例だという。

韓国軍は従来から、北朝鮮の潜水艦の出港を軍事挑発の重要な徴候と見なしており、会談決裂時の新たな軍事挑発に備え、警戒を強めている。

    関連記事