北朝鮮が仕掛けた地雷爆発に端を発した軍事的緊張を巡り、韓国と北朝鮮の高官が板門店で接触。22日18時過ぎから約10時間にわたり協議を行ったが、衝突回避に向けた最終的な合意には至らず、23日4時15分にいったん休会となった。

韓国大統領府(青瓦台)の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官によれば、協議は同15時から再開されるという。

「南北関係を幅広く協議」

韓国側は北朝鮮側に対し、地雷爆発の責任を認め謝罪することを要求。北朝鮮側は政治宣伝放送の即時中止を求めている。

閔報道官は会談の内容について「双方は最近醸成された事態の解決方案と今後の南北関係発展の方案について、幅広く協議した」と説明した。

一方、韓国メディアの報道によれば、南北双方は軍事境界線を挟み、臨戦態勢をなお維持している模様だ。

協議には北朝鮮側から、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、金養建(キム・ヤンゴン)労働党書記(統一戦線部長)が、韓国側からは金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長、洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一相が出席した。

    関連記事