北朝鮮が仕掛けた地雷爆発に端を発した軍事的緊張を巡り、韓国と北朝鮮の高官が板門店で接触。非公開で対話を続けている。

北朝鮮側からは黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、金養建(キム・ヤンゴン)労働党書記(統一戦線部長)が、韓国側からは金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長、洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一相が出席しており、予定の22日18時より20分ほど遅れて始まった。

一方、朝鮮中央通信など北朝鮮メディアはこうした動きを、異例の速さで報道している。また、北朝鮮メディアは通常、韓国を「南朝鮮」と呼んできたが、今回は「大韓民国」と正式名称で呼んでいる点も注目される。