北朝鮮の労働新聞と朝鮮中央通信は21日、朝鮮労働党中央軍事委員会非常拡大会議が前日に緊急招集されたことを報道した。

朝鮮労働党中央軍事委員会非常拡大会議を伝える労働新聞(2015年8月21日付)
金正恩氏が指導した朝鮮労働党中央軍事委員会非常拡大会議を伝える労働新聞(2015年8月21日付)

両メディアによると、金正恩第一書記が非常拡大会議を指導。朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が対北朝鮮拡声器をねらった砲撃に対する韓国側の対応射撃を「露骨な侵略戦争行為」と非難しながら、「(48時間以内に対北朝鮮放送を中止しなければ)心理戦手段を撃破射撃するための軍事的行動と、あり得る敵の反動を鎮圧するための地域の軍事作戦を指揮する指揮官が任命されて当該前線に急派された」と強調した。