しかし、当局は出産奨励策に伴い、避妊や中絶を取り締まるようになった。産婦人科での中絶手術は可能だが、医者たちが当局の処罰を恐れるため、巨額のワイロが必要となる。

そこに目を付けた夏休み中の医大生たちが、「違法の中絶手術」を行うようになった。いわばバイト感覚での「中絶手術」だ。

内部情報筋によると、これまで医大生達のバイトと言えば外国語教師だったが、それ以上に儲かる「中絶手術」を行うケースが増えているという。バイト代は日給7米ドルほどで、1ヶ月働くと100ドル以上、1学期分の生活費、学費を稼ぐことができる。

    関連記事