北朝鮮外務省は14日、安倍晋三首相の戦後70年談話に関するスポークスマン談話を発表。「日本の侵略史に対する誠実な認定と謝罪が盛り込まれていない」「自国の過去の犯罪を覆い隠し、『平和に対する貢献者』に変身してみようと狡猾(こうかつ)に振る舞っている」などと批判した。

スポークスマン談話を伝える朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。

【平壌8月14日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは、日帝敗北70年を契機に罪悪に満ちた過去を覆い隠そうとする日本の右翼保守勢力の試みがいっそう赤裸々にあらわになったことで14日、次のような談話を発表した。