北朝鮮の朝鮮人民軍前線司令部は15日、韓国に向け、対北心理戦放送を即時中止するよう要求し、応じなければ「すべての『対北心理戦』の手段を焦土化するための正義の軍事行動が全面的に開始される」とする「公開警告状」を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

放送は、南北の非武装地帯(DMZ)で起きた地雷爆発を受けて韓国が報復措置として再開した。

警告状には、南北間での軍事行動のエスカレーションを見込んでいるかのような文言も含まれており、緊張をさらに高めて韓国を威嚇しようとの意図がうかがえる。

朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。

【平壌8月15日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍前線司令部は10日から南朝鮮のかいらいが前線西部の非武装地帯で発生した「地雷爆発」事件を共和国と無理に結び付けて「北の挑発」と断定し、それを口実にして「対北心理戦」の放送を全面的に再開する道に踏み出したことに関連して15日、次のような公開警告状を発表した。