北朝鮮は14日、国防委員会政策局の談話を発表し、今月4日に非武装地帯内で爆発して韓国軍兵士らを負傷させた地雷について、自らが埋設したものではないと主張した。

北朝鮮が、地雷爆発の件に言及するのはこれが初めて。

談話は、「軍事境界線の南側400メートル地点にある傀らい憲兵哨所の前に自己防衛のために3発の地雷を埋設したなど話にもならない」と主張。また、「わが軍隊が何らかの軍事的目的を必要としたならば、強力な火力手段を使用したはずで、3発の地雷ごときを使うものか」としている。

【映像】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間