シリアのバッシャール・アサド大統領が9日、朝鮮半島が日本統治から解放されて70周年に際し、北朝鮮の金正恩第1書記に祝電を送った。朝鮮中央通信が以下の通り報じた。

【平壌8月11日発朝鮮中央通信】朝鮮国防委員会の金正恩第1委員長に9日、シリアのバッシャール・アサド大統領から祝電が寄せられた。

電文は、次のとおり。

わたしは、金日成主席閣下が組織、指導した武装闘争によって朝鮮が日本の植民地支配から解放された70周年に際して、シリア・アラブ人民とわたし自身の名義で閣下に心からなる祝賀を送ることをうれしく思う。

わたしは、閣下の健康と幸福、あわせて友好的な貴国人民にさらなる進歩と繁栄があることを願う。

わたしはこの立派な機会に、わが両国間に存在する親善・協力関係を友好的なわが両国人民の共通の利益に即していっそう強化しようとするわれわれの意志を確言する。

元帥閣下に最も崇高な敬意を表する。―――