日韓防衛実務者対話が5日、韓国ソウルの国防部で開かれ、「韓国政府の同意なしに自衛隊は朝鮮半島に上陸しない」ことが確認されたと複数の韓国メディアが明らかにした。

韓国側は、有事の際に自衛隊が朝鮮半島に上陸する場合、韓国政府の事前同意が必要だという意思をこれまで強調してきた。

韓国国防部関係者によると、今回の対話でも「日本政府は韓国の同意なしに、自衛隊が韓国(※朝鮮半島)の領域に入らないという基本的立場を再確認した」と明らかにした。

また、日本側は軍事情報保護協定と相互軍需支援協定の締結を強く要求したが、韓国側は、「協定の締結は、韓国国民の理解と支持の努力がまず必要だ。慎重に検討する問題だ」と伝えるにとどまったという。

【関連記事】
【日韓国交50年】統一教会と蜜月「日本の大物政治家」たち
日韓協力に北朝鮮は「厚顔無恥」と猛反発