安倍晋三首相は31日、日本人拉致被害者の再調査報告を北朝鮮から速やかに引き出すべく、北朝鮮外相に直接働きかけるよう岸田文雄外相に指示した。

安倍首相はこの日、首相官邸で開いた政府・与野党拉致問題対策機関連絡協議会で「何より大切なのは、拉致問題を解決しなければ北朝鮮の未来を描くことが困難であるとの認識を最高指導者に持たせることだ」と述べ、岸田氏や山谷えり子拉致担当相に対し北朝鮮への働きかけ強化を指示した。

岸田氏は「国際会議等の機会をとらえてできるだけ速やかに働きかけたい」と述べた。8月上旬にマレーシアで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議に際し、日朝外相会談が開かれる可能性がある。

    関連記事