朝鮮中央通信は27日、金正恩第1書記が「偉大な祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利62周年に際して平安南道檜倉(フェチャン)郡にある中国人民志願軍烈士陵園に花輪を送った」と報じた。同陵園には、毛沢東元中国国家主席の長男・毛岸英氏をはじめ、朝鮮戦争で戦死した中国人将兵らが安置されている。

maoaning
2012年10月24日に行われた中国人民志願軍烈士陵園の竣工セレモニーで、毛岸英氏の胸像に献花する参加者ら/朝鮮中央通信

同陵園は2012年10月24日、従来の中国人民志願軍烈士墓から拡大される形で竣工。盛大なセレモニーの様子が、北朝鮮の官営メディアによって報じられた。2013年7月には、正恩氏が同陵園を直接訪れ献花している。

中国メディアが積極報道

しかしその後、正恩氏が中国との窓口になっていた張成沢(チャン・ソンテク)元国防委員会副委員長を処刑したことや、習近平国家主席が北朝鮮より先に韓国を訪問したことなどから中朝関係が悪化。正恩氏は昨年、同陵園に花輪を送ることさえしなかった。