北朝鮮では、ホームレスのことをコチェビ(コチェビ)と総称するが、とくにストリートチルドレンのことを指すことが多い。

筆者は、1998年から1年間、中国延吉市の延辺大学に留学した。経済難まっただ中の北朝鮮から川を越えてやってきたコチェビたちは、延吉市内の至る場所で見られた。

20130000コチェビ
「コチェビ」と呼ばれる北朝鮮のストリートチルドレンたち

そのほとんどが両親を亡くして天涯孤独の身になったり、親から捨てられたりした子供たちだった。彼らは中国人や韓国人に物乞いをして金をため、それを元手にして北朝鮮で行商をする子供もいた。彼らの詳しい実態については拙著「コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記」でも書いたが、いずれにせよコチェビたちは、北朝鮮の経済失政の犠牲者だった。

2000年代からは、中国国内でコチェビを含む脱北者に対する取り締まりが厳しくなり、姿は見られなくなった。中国という生命線を失ったコチェビたちは、北朝鮮国内を徘徊するが、マイナス20度の酷寒のなかで野宿することも珍しくない。

また、「国民全員が平等に生きている」という社会主義の面子を守りたい北朝鮮当局によって捕まえられて、施設に強制収容されることケースも多い。

そんな当局の「コチェビ狩り」にもめげず、彼らは北朝鮮国内でしたたかに生き延びてきた。そして、最近では「半グレ化」しつつあるという。

もともと、ほとんどのコチェビたちは、人が多く集まる市場や駅前で物乞いをしながら、その日暮らしをしていた。それが、徐々に集団化し窃盗などに手を染めるようになった。5~6人で徒党を組んでトラックの部品をかっぱらい、そうした盗品を売り飛ばす販路を構築するなど横のネットワークも高度化しており、住民らが「特殊部隊顔負けだ」と言って呆れるほどだ。

また、一部の北朝鮮住民たちはコチェビらのことを「21世紀の少年パルチザンだ」などと言い、どこか頼もしげに眺めているとも言われる。

コチェビたちの「半グレ化」は、北朝鮮住民にとっては厄介な話だろう。しかし、日々の生活のなかで何かと理由をこじつけて収奪しようとする北朝鮮当局の方がもっと厄介だ。また、ほとんどのコチェビは孤児だが、なかには、家計のために昼には学校に通い、夜には窃盗を働くなどのケースもある。

北朝鮮当局にめげず、時には出し抜きながら、社会を生き延びるたくましいコチェビたち。住民たちからも何らかのシンパシーを得ているのかも知れない。

(デイリーNKジャパン編集長 高英起)

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記