北朝鮮のプロパガンダ用ポスター1000点以上のコレクションが韓国で公開されている。ポスター展示会

7月21日からソウル市立美術館で開かれている「光復70周年記念、北朝鮮プロジェクト」の一環として、オランダ人のニック・ダンジガー氏が収集した北朝鮮のプロパガンダポスターが展示される。

ダンジガー氏は1998年に初めて北朝鮮を訪問し、ポスターと切手に魅了された。それ以降、年に2回ずつ北朝鮮を訪問して現地の人に集めてもらったポスターと切手を持ち帰った。そうして収集したポスターは1000点以上。北朝鮮国外では最大規模のコレクションだ。

しかし2011年、同氏は24回目の北朝鮮訪問時にスパイ容疑で逮捕されてしまった。他の外国人同様、彼も要注意人物ではあったが、特に法に触れるような行為は行っていなかった。

「15年間、臭い飯を食わせる」などと当局の脅迫を受けたものの、幸いなことにわずか2週間で釈放された。しかし、今に至るまで逮捕容疑はわかっていない。

彼の北朝鮮訪問はそれが最後になってしまったが、今でもポスターと切手収集を続けるダンジガー氏。いつか今の政権が崩壊したら、いの一番に北朝鮮を訪れると語っている。

ダンジガー氏のコレクション以外にも様々な作家の作品が紹介されているこの展覧会は、7月21日から9月29日までソウル市立美術館で開催される。

【関連記事】
金正恩同志が原宿BEAMSでオシャレ闘争!!
韓国で北朝鮮絵画展/約500万円の値も

    関連記事