人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

大学の成績は、卒業後の「職場配置」にも大きく左右することから、学生たちもシビアだ。「賄賂」のことを知った学生たちは大学側に激しく抗議するが、なかには「どうせ賄賂で決まるんだから、一所懸命勉強しても意味がない」と嘆く学生もいる。

大学の成績さえも賄賂がモノを言う原因は、北朝鮮の給与水準が実際の物価を反映したものではなく、大学教授たちの生活がままならないからだ。北朝鮮でも他国と同じく、大学教授の給与は、一般労働者より高めだが、国営の企業や機関の全体的な給与水準そのものが異常に低いために、相応の待遇とは言い難い。

ちなみに、大学教授の月給は、北朝鮮ウォンで約5000ウォン。公式レートでは50米ドルほどだが、実質の闇レートでは1ドルにも満たない。北朝鮮で4人家族が、最低限の生活をするためには、一月に中国人民元で400元(54万ウォン、約8000円)ほどが必要だ。大学教授の月給5000ウォンでは、せいぜいコメ1キロ分しか買えない。

北朝鮮の多くの一般庶民は、市場に出て副業で生計を立てるが、幹部や役人、教授などの権力側が、賄賂で生計を立てているのだ。

    関連記事