開城工業団地で働く北朝鮮労働者におやつとして供給されていた韓国製のチョコパイ。受け取った労働者たちは市場で売り払い、全国に流通されたが、北朝鮮当局は「資本主義に幻想を抱く」として供給をストップさせた。

デイリーNK編集部が入手に成功した北朝鮮製のチョコパイ
デイリーNK編集部が入手に成功した北朝鮮製のチョコパイ

実際に食べてみたら…

そこで、韓国製チョコパイの代用品として登場したのが、北朝鮮製のチョコパイだが、評判の方はイマイチだ。

北朝鮮で、「北朝鮮産チョコパイ」を食べたデイリーNKの内部情報筋は次のように語った。

「チョコパイの生産は、今年の5月から生製が始まり、6月から開城工業団地の労働者に配られるようになったが、評判はイマイチ。やはり韓国製のチョコパイにはかなわない」

北朝鮮のお菓子会社「金カップ体育人総合食料工場」のチョコパイは、中国からバターやチョコレートなどの原材料を輸入して製造されている。現在のところ、開城工業団地にのみ供給されており、市場や商店など一般には流通されていない。

しかし、デイリーNK取材班は「北朝鮮チョコパイ」の入手に成功。中国の貿易業者が、北朝鮮の羅先特区の密輸業者から購入出来たのだ。

早速、記者が試食してみたところ…

「袋を開けたらチョコパイの形が崩れていた。食感はパサパサで、チョコレートの味はほとんどなし。バターの味が強すぎて、韓国製のチョコパイとは比べ物にならないほど、不味い」

「パッケージにはマシュマロ入りとなっているが、本当に入っているのか?」

実は、デイリーNKジャパンでは、様々な北朝鮮製のスナック菓子の入手に成功している。食レポは、今後も掲載する予定だ。

    関連記事