観光産業の活性化に力を入れている北朝鮮が、特大級の大風呂敷を広げた。2017年の外国人観光客の誘致目標数は、なんと100万人。2020年には200万人を目指すという。

馬息嶺スキー場/2015年1月12付労働新聞より
外国人観光客誘致と外貨稼ぎのために建設した馬息嶺スキー場/2015年1月12付労働新聞より

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が発表した「北朝鮮の観光市場の現状」と題した資料によると、ここ数年、北朝鮮を訪れた外国人観光客数は年間8万人規模だ。

観光で成功のラオスと比較すると…

資料によると、北朝鮮を訪問した中国人観光客の数は2012年4500人、2013年2900人、2014年1500人となっている。一方、中国国家旅遊総局の資料によると、2011年13万人、2012年23万7000人とKOTRAの統計とは大きな開きがある。