北朝鮮が、日本からの解放70周年と朝鮮労働党の創立70周年にあたり大赦を実施する。朝鮮中央通信が14日に報じた。

報道は、大赦の対象について「祖国と人民の前に罪を犯して有罪判決を受けた者」とするのみで、具体的なことは明らかにしていない。日本人拉致問題への影響や、政治犯が対象に含まれるかは不明。

朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。

【平壌7月14日発朝鮮中央通信】朝鮮で、祖国解放70周年と朝鮮労働党創立70周年を迎え、祖国と人民の前に罪を犯して有罪判決を受けた者に大赦を実施することに決定した。

大赦は8月1日から実施する。

朝鮮民主主義人民共和国内閣と該当機関は、大赦で釈放された人々が落ち付いて働き、生活できるよう実務的対策を立てるだろう。

これに関連し、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会政令が9日に発表された。

    関連記事