武装した朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士、約10人が軍事境界線(MDL)を侵犯したが、警告射撃を受けて北側に帰ったことが12日、明らかになった。

韓国軍関係者によると、カラシニコフと見られるアサルトライフルで武装した朝鮮人民軍将兵約10人が11日午前、韓国北部の江原道鉄原で南北軍事境界線を越えて南側に侵犯した。韓国軍が警告射撃と警告放送を行ったところ、兵士達は対応射撃をせずに北朝鮮側に帰ったという。

朝鮮人民軍は、韓国軍の警戒態勢などを調査するため、これまでも軍事境界線を侵犯しているが、今回のように韓国軍が警告放送をしても撤退せず、韓国軍が警告射撃を行ったのは、今年に入って初めてだ。

韓国軍当局は、今回の軍事境界線侵犯の意図について分析しながら、今後の侵犯に備えて警戒態勢を強化している。

【関連記事】
中国漁船が恐れる「北朝鮮海賊船」
北朝鮮、軍事境界線付近に地雷埋設か

    関連記事